金賞を受賞しました!!

昨年は、1つ下の級、連弾中級Aで銀賞を受賞しました。

今思えば、そこから、金賞だけを目指して突き進んできたのかもしれません。

兄・佑綺君がその強い希望を抱いていたし、誰もが何も言わずとも、そこを目指していたのかもしれません。

本番の小林ペアの演奏は、練習以上のパフォーマンスを披露する事が出来、驚きました。

特にセコンドの妹・莉子ちゃんが、いつも表現が薄い!と、ダメ出しされていたのですが、当日は、プリモとの絶妙な音のバランスを保ちながらも、兄の表現力と同化し、目を引きました。

兄・佑綺君の表現力は常日頃から抜群で、テクニックや拍・タッチの問題の方をしつこく調整していました。

今までのレッスンや講評では、プリモがスタンドプレーだと書かれた事があり、セコンドの表現力を増そうと、ずっと努力していましたが、なかなか上手く出来ずにいました。

ところが、本番は見たことも無いような、顔の表情、柔らかい体の使い方で、自然にそれが音となって現れました。

演奏後には、指導者2人して、涙していました。

YouTubeでの発表で〝金賞〟と目に飛び込んできた時、驚いて眼鏡を投げたのか、レンズが2枚とも外れて、その辺に転がっていました。笑